【おすすめ記事】介護施設ならではの設備

安全に過ごせる介護施設の環境とは

過ごしやすく安全な環境づくりのポイント

「過ごしやすく安全な環境づくりのポイント」の記事一覧
  • エアコンを使用するときのポイント

    エアコンを使用するときのポイント

    暑さや寒さに鈍い高齢者が快適な生活を送るために温度管理は重要なポイントです。しかし、残念なことに、働いているスタッフが動きやすい温度に設定している介護施設もあります。確かに、スタッフがいなければ運営が成り立ちませんが、介護施設とはそもそもどのようなものでしょうか。介護が必要な人のために存在する施設なはずです。優先すべきは高齢者であってスタッフではありません。動いて暑いからといって設定温度を下げてしまうと、高齢者が重篤な病気を発症してしまう可能性もあるのです。

    詳細はこちら
  • 「気づき」の重要性

    「気づき」の重要性

    高齢者が介護施設で快適に生活するには充実した設備も必要ですが、そこで働くスタッフの観察力も重要です。目の前の業務をこなすだけでは高齢者の変化に気づくことはできません。いつもと違うところはないか、日頃からコミュニケーションを取りながら高齢者の様子に注意を払い、状態を把握しましょう。ですが、業務がマンネリ化してしまうとよくない習慣も生まれやすく、些細な変化にも気づけません。職業意識や倫理的価値観をしっかりと持って高齢者と接するようにしましょう。

    詳細はこちら
  • 室内環境整備に役立つ機器を活用する

    室内環境整備に役立つ機器を活用する

    ほとんどの介護施設ではエアコンで温度を管理しています。ですが、常時エアコンを稼働するとなるとそれなりに費用もかさんでしまうため、節約にもつながる機器を導入しているところも少なくありません。例えば、暖かい空気は上に、冷たい空気は下にいくため、サーキュレーターなどで空気を循環させ、体感温度の調節に役立てている介護施設もあります。また、熱中症は室内・屋外を問わず発症しやすいため、熱中症リスクの度合いが調べられる熱中症計を携帯しておくといいでしょう。

    詳細はこちら

高齢者が心地よい環境をつくるために